【保存版】東京で朝からクラフトビールを樽生で飲める神店たち

おトクなまとめ

今日はお休みなので、朝からビールを飲みたい!
気づいたら朝!ビールで飲みなおしたい!でもせっかくならウマいクラフトビールがいい!

そんなアグレッシブなビール好きの方の無茶な願いを叶えてくれる街・それが東京です!

私が実際に訪れたお勧めのお店を紹介していきます。なんと最速営業は朝の6時から!

皆さんのお店選びの参考になれば嬉しいです。それではごゆっくりどうぞ!

6:00 a.m.「定食青柳」【牛込神楽坂】

お餅屋さんを起源とする定食青柳。その店主のご次男が牛込ビール館を同店で営業という二毛作タイプのお店です。朝6時から営業する定食青柳でも全てのビール(ビアフライトOK)を楽しむことができます。1周年記念ビールがまた美味でした!

7:00 a.m.「ビア&カフェBERG(ベルク)」【新宿】

世界一の乗車・降車駅を誇る新宿駅にあるこだわりのビアカフェ。朝7時からモーニングと一緒にクラフトビールを飲むと、なんだかとっても充実した休日のスタートを切れます。センスの良いこちらのお店はいつも多様なお客さんで混んでいます。

8:00 a.m.「タカオネ(TAKAONE)」【高尾】

東京が誇る観光地高尾山。高尾山口駅より徒歩2分のところに食事・宿泊・ショッピング・アウトドアなどを楽しめる複合施設「タカオネ(TAKEONE)」があります。こちらのウリは焚き火をしながらビールを楽しめること!クラフトビールは1種類しかありませんが、高尾ビールによるこちらのお店限定のスペシャルビール(IPA)です。

9:00 a.m.「26Kブルワリー」【武蔵境】

武蔵境駅の高架下にある複合カフェ「Ond(オンド)」に併設されたブルワリー。JR武蔵境駅でホップ栽培を試みたりと地域に根差したブルワリーです。カフェの居心地もとてもよく、ゆるやかな時間が流れています。

10:00 a.m.「青梅麦酒」【青梅】

昨今のレトロブームの先頭をぶっちぎりで走るのが青梅駅。旧作の映画看板を街のいたるところに掲示しており、街歩きが楽しい街です。また、商店街のリノベーションを積極展開しており、青梅麦酒もその一つです。外観は町の化粧品屋さんですが、店内は最新リノベがほどこされたビアバー。みんな大好き奥多摩のバテレが多く繋がっています。

10:00 a.m.「関町セラー」【練馬】

青梅街道沿いにあるお洒落な酒屋さん。クラフトビールの品ぞろえは練馬区トップクラス。しかも樽生で国内厳選のクラフトビールが飲めます。回転率も早い。晴れた日は2階のテラス席で飲んだらもはや優勝です。土日はフード屋さんを呼んできており、ちょっとしたビアフェス気分です。

11:00 a.m.「tdm1874下北沢」

横浜市の十日市場にあるブルワリーtdm1874のタップルーム。ビール以外のお酒の取り揃えも幅広く、お酒好きなら大満足できます。下北沢で午前中からクラフトビールが飲めるお店はここぐらいじゃないかと。

11:00 a.m.「アンテナアメリカ東京」【東京駅】

こちらのお店の登場で、今や八重洲地下街はビールストリートとなりました。一列に並ぶ巨大(巨長?)冷蔵ケースを是非一度見て欲しいです。金曜ロードショーの洋画でよく目にしたボードゲームにもテンションが上がります。樽生ビールのリストは公式HPより確認できるのもありがたい。

いかがでしたか?モーニングコーヒーもいいけどモーニングビールも個人的には大アリです。ヨーロッパには午前中のお酒の販売はNGという国もあるので、日本はビール好きには天国なのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました