【2023年1月】「楽天ふるさと納税」で買える変わり種クラフトビール厳選5種!

おトクなまとめ
〇こんな人におすすめ〇
・クラフトビールの飲み比べがしたい!
・沢山ありすぎてどれを選べばよいのかわからない!
・せっかくなら珍しいクラフトビールを飲みたい!
・でも、クオリティは重視したい!

ふるさと納税でビールが買いたいけど、どうせなら大手ビールではなくて、ちょっとお高いクラフトビールにしたいという方に向けて厳選したクラフトビール第2弾!

(第1弾はこちら)

第2弾は都内の大手酒販店でもなかなかお目にかからないクラフトビールを厳選しました。

厳選のポイントは珍しい副原料や醸造・貯蔵方法を採用したクラフトビールであること。

まさに他のお酒には無いクラフトビールならではの多様さ・面白さを実感できるラインナップとなっています。

あなた好みの一杯を見つける一助になれば幸いです。

【北海道ニセコ町】白い恋人のビールってどんな味!?「ルピシア羊蹄山麓ビール」

2020年に醸造を開始したのは、世界のお茶の専門店ルピシアの食に関するブランド「ルピシア グルマン」によるルピシア羊蹄山麓ビール。クラフトビールプロジェクトに立候補し、陣頭指揮を執ったのは菓子のベテラン職人だった矢吹彰子さん。醸造顧問には常陸野ネストビールのヘッドブルワーも務められていた高浩一さんを迎えました。醸造開始早々にインターネットを賑わせたのが白い恋人ビールです。ネタ系ビールかと思いきや、とんでもない!トロピカルなアロマとまろやかな口触り。バランスのとれた一杯です。


【大分県大分市】シードルではないリンゴビール「モンキーマウンテン(大分府内ブルワリー)」

モンキーマウンテンはクラフトビール造りが盛んなオレゴン州で育った醸造歴20年のダレンさんが2019年に創業。モンキーマウンテンの最大の特徴はマッシュ工程(ビールの「素」となる麦汁をつくる麦芽の糖化)にリンゴを比重にして5%加え醸造していること。このリンゴ由来の独特な爽やかな酸味と甘みのあるフレーバーがたまらないのです。中でもバーレーワインが格別でした。都内の酒屋さんやアンテナショップでも手に入らないレアなブルワリーのビールです。是非ご賞味ください!


【島根県益田市】ビールの奥深さを知る「高津川リバービア」

2021年に醸造を開始した「高津川リバービア」。醸造所はなんと柿本人麻呂神社の門前町として栄えた益田市の高津地区にある築160年以上の古民家。古民家で醸造されるクラフトビールは島根県の豊かな特産品を副原料に使用した個性的なラインナップ。フラッグシップはマスカットエール。文句なしの出来栄えです。そして、忘れもしないクロモジギャルド。ワイルドで独創的なビールです。


【石川県金沢市】ビールを通じて美食の街を痛感する「オリエンタルブルーイング」

コンサルを経てUターンした田中誠さんが2016年に創業したオリエンタルブルーイング。醸造所は金沢市の奥座敷、湯涌温泉地区にあり、2019年には最新鋭の設備を導入し、高品質のビールを日々、醸造しています。オリエンタルブルーイングのクラフトビールの特徴は企業理念にある通り、ユニークであること!地元の素材を使用したクラフトビールは唯一無二!加賀棒茶、能登塩、金沢ゆずなどの特産品を贅沢に使用しながらもバランスのとれたビールに仕上げており、料理と一緒に楽しむことができます。醸造長は銀河高原ビール出身だそうです。


【長野県・山ノ内町】ワインのような風味豊かな熟成ビール「山伏(玉村本店)」

志賀高原ビールを醸造する玉村本店がビール大国・ベルギーにインスパイアされて作ったプロジェクトが「山伏」。「山伏」というネーミングはベルギーには修道会(修道僧)が醸造するビール=トラピストビールが由来。「志賀高原の人たちは昔から山と密接に暮らしてきており、山への感謝や信仰は根強い。つまり、俺たちは山伏だ」そうです。

「山伏」ビールはホップを効かせたビールというよりはドライでワインのような味わいを意識して造られたスペシャルなビール。自然豊かな「この地だからこそできる味」を目指し、日本酒に使用している自家栽培米や、自分たちの畑で無肥料無農薬で育て、一粒一粒手摘みしたホップを用いています。

さらに、瓶内で二次醗酵を行うボトルコンディションという手法を採用。ボトルの中で生きた酵母が活動することで、味に複雑さが加わると同時に、その後の熟成でのビールの変化が楽しめます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました